LINE Stamp

スタンプ使い放題サービス「LINEスタンププレミアム」クリエイターの売上はどうなるの?

みなさんはLINEスタンプを利用されていますか?

LINEスタンプは全世界で1日に4億回も送信されているみたいです。
これだけ多くの人が使用しているLINEスタンプですが、現在販売されているLINEクリエイターズスタンプの数は490万セット以上あるそうです。

LINEスタンプはスタンプショップから購入して使用します。
公式のスタンプだと240円、クリエイターズスタンプだと120円で購入できます。

これまではスタンプを購入して使用していましたよね?
6月27日のLINEの発表で月額制のスタンプ使い放題サービスがリリースされる予定であることが発表されました。

サービス名は「LINEスタンプ プレミアム」です。
LINEスタンプ プレミアム」は月額240円月額120円(学生)年額2,400円といった複数のプランを検討中で、これらの月額を支払えばクリエイターズスタンプが使い放題になるという画期的なサービスです。

LINE利用者にとってはほぼ1つか2つのスタンプ購入代金の月額でクリエイターズスタンプが使い放題になるのでお得なサービスですよね。

でもこれって今までLINEスタンプで収益を得ていたクリエイターさん達の売上の分配金はどうなってしまうのでしょうか?

そのあたりの規約の変更点や分配金に関する情報、LINEスタンプの今後の作成方法などについて解説していきたいと思います。

LINEスタンプ プレミアムでの売上の分配金ってどうなるの?


スタンプを作成販売されているクリエイターのみなさんやこれからスタンプを作って収益を得たいとお考えの人にとっては「LINEスタンプ プレミアム」の開始でスタンプの売り上げ分配金がどう変わってしまうのか気になるところですよね。

「LINEスタンプ プレミアム」のサービスが開始されるにあたってクリエイターのみなさんに影響のある変更がいくつかあります。

・スタンプの売り上げ分配金に関する規定に変更がある
・LINE Creators Studioアプリで作成したスタンプは分配金が適用されなくなる

という2点が大きな変更点となっています。
それぞれについて詳しく見ていきましょう。

スタンプの売り上げ分配金に関する規定の変更


これまではLINEスタンプの売り上げの35%がクリエイターの取り分となっていましたが、「LINEスタンプ プレミアム」が開始されると以下のような変更点があります

・販売するスタンプに対して「LINEスタンプ プレミアム」に参加するかどうかを選択する必要がある。(参加の条件は発売から180日以上が経過していること)

・「LINEスタンプ プレミアム」に参加したスタンプに関してはプレミアムの分配金計算式が適用される。

・「LINEスタンプ プレミアム」に参加しない有料販売のスタンプに関しては従来通りの分配金で計算される

このような変更が行われることになります。
クリエイターが作成したスタンプに関しては、180日を経過したら「LINEスタンプ プレミアム」に参加して使い放題の対象にするか、有料販売にするかをクリエイターが選択することができるようです。

「LINEスタンプ プレミアム」に参加すると以下の計算式で分配金が計算されることになるようです。

<「スタンプA」を提供しているクリエイターの8月の売上の場合を想定>

8月のLINEスタンプ プレミアムの売上総額 × 0.3 × (LINEスタンプ プレミアムを使ってスタンプAを送った人の数 ÷ LINEスタンプ プレミアムを使って何かしらのスタンプを送った人の数

どれぐらいの分配金になるのかちょっとよくわかりませんが、「LINEスタンプ プレミアム」でスタンプを利用した人数に応じて分配金が計算されるということなので、たくさん使ってもらったら収益が増えるということになるようです。

「LINEスタンプ プレミアム」に参加せずに有料販売を選択したスタンプに関しては従来通りの「売り上げの35%」が適用されるようです。

また、この2つの分配方法を併用した場合も、分配金は合算してクリエイターに送金することができるということです。送金手数料はクリエイター負担というのは従来通りです。

LINE Creators Studioアプリで作成したスタンプは分配金が0円に


こちらの変更はもっとも注意しなけらばならない変更ではないかと思います。
これまでは「LINE Creators Studio」アプリでスタンプを作成して販売をされていた方も多いのではないでしょうか?

LINEスタンプには2種類の制作方法があります。

LINE Creators Studioアプリを使用してでスマホから制作する方法
②画像編集ソフトでスタンプを作ってLINE Creators Marketにアップロードする方法

私もLINEスタンプの販売に興味があり、LINEスタンプの作り方などを調べた際にこちらのアプリを使用してLINEスタンプを作成する方法がたくさんヒットしました。実際この方法でLINEスタンプをつくるつもりでいました・・・

しかし「LINEスタンプ プレミアム」が開始されると、「LINE Creators Studio」アプリで作成されたスタンプには分配金が配当されなくなるので注意が必要です。

なぜ売上の分配金がなくなってしまうのでしょうか?LINE側からはこのような説明がされています。

もともとLINE Creators Studioは自分専用のスタンプを作るコンセプトのサービスでスタンプ販売で利益を上げる目的で使用しているユーザーは少ない

実際のところどのように使用している人が多いのかはわかりませんが、「LINE Creators Studio」アプリから作成し収益を得ている人も一定数いる現状なのでここは変更して欲しくなかったなと思います。

しかし、悪いことばかりではなく、これまで「LINE Creators Studio」で自作スタンプをつくって自分用に使用する場合でもスタンプを購入する必要がありましたが、新しい規約では製作者自身なら無料ダウンロードしてLINEで使用することができるようになるみたいですので、こちらは自分専用に作りたいだけの方には朗報なのかもしれませんね。

という訳で、LINEスタンプで収益を得たいと考えている方は、今のうちから「LINE Creators Market」にアップロードする方法でLINEスタンプを作る方法に移行していった方がよいと思います。

まとめ

この記事では「LINEスタンプ プレミアム」の開始にあたって変更される規約やLINEスタンプの作成方法についてご説明いたしましたがいかがでしたでしょうか?

最後に変更点をまとめておきますので今後LINEスタンプを作って収益を上げていこうとお考えの方は十分に注意して収益を上げていけるように参考にしてみてください。

・作成したスタンプについては「LINEスタンプ プレミアム」に参加するかどうかが選べる

・「LINEスタンプ プレミアム」に参加すると独自の分配金の計算式が適用される

・「LINEスタンプ プレミアム」に参加しない場合は従来の有料販売と同じ分配金が適用される

・「LINEスタンプ プレミアム」に参加できるのは発売後180日以上経過したスタンプのみ

・「LINE Creators Studio」で作成したスタンプには分配金が配当されない

・LINEスタンプで収益を得るには「LINE Creators Market」でスタンプをアップロードする必要がある

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事が少しでもみなさんのお役にたてたら幸いです。

それでは( ^_^)/~~~