Dialy

office365solo|amazonのお得価格で更新する方法

最近ではOfficeソフトもオンラインで契約して1年更新などで使用されている方も増えていると思います

私もWindowsとMacでOfficeを共用したかったのでOffice365soloを使用しています

PC自体に紐づいてないのでPC買い替え時や台数を増やした時などには台数制限内ならどのPCでも最新のOfficeが使用できるのでとても便利です

でも忘れた頃にサブスクリプションの更新の通知がきて、やり方忘れてて結構ワタワタしてしまいます(自分だけかな・・・)

というわけでOffice365soloのサブスクリプションの更新をお得にするための手順を記録しておくことにします

同じように毎年ワタワタしてしまう方は是非ご参考にしてみてください( ^ω^ )

Office365soloが自動更新になっていないかチェック

office365soloの更新期限が間近に迫ってきたのでそろそろ更新することにしました

私はずぼらな性格なのでギリギリの更新になっただけで、早めに更新してもちゃんと前回の更新終了日から1年の延長となるので早めにやった方がいいです

ちなみにoffice365soloの更新方法は大きく2つの方法があります

・マイクロソフトからオンランコードを購入し更新する方法
・amazonや楽天などの通販サイトからオンランコードを購入し更新する方法

結論から言うとamazonでオンラインコードを購入して更新する方法がお得に更新できる方法となります

マイクロソフトから購入する場合は1年更新で12,744円となっていて、amazonで購入するとだいたい1,000円くらい安い価格でオンラインコードを購入することが出来ます

キャンペーン中やクーポンがある場合だともう少しお得に購入できるタイミングもあるようです

私もamazonからオンラインコードを購入してoffice365soloの更新を行なっています( ^ω^ )

ひとつ注意点として、amazonで購入する際はマイクロソフトのoffice365soloの自動更新が有効になっていないかをチェックしてください

もし自動更新になっていたらamazonとマイクロソフトで二重購入してしまう可能性があるので自動更新をOFFにする必要があります

マイクロソフトサイトで自動更新を無効にする

それではマイクロソフトのoffice365soloの自動更新を無効にする方法を解説いたします

自動更新の無効化はマイクロソフトサイトの「サービスとディスクリプション」ページで行します

以下のリンクからマイクロソフトのサイトにアクセスしてログインしてください
https://account.microsoft.com/services/

すると「サービスとディスクリプション」のページが表示されます

ここで「定期請求を有効にする」というリンクがある場合はすでに自動更新が無効になっている状態です

定期請求を無効にする」といったリンクが表示されている場合は自動更新が有効になっている状態なので無効にする必要があります

自動更新を無効にする場合は「定期請求を無効にする」のリンクをクリックして無効状態に変更すればOKです

以上がOffice365soloの自動更新を無効にする手順となります

amazonでOffice365soloのオンラインコードを購入する

次にamazonでOffice365soloのオンラインコードを購入しプロダクトコードを登録する方法を解説します

「Office365 オンラインコード amazon」といった検索ワードで商品を検索します

すると以下の商品がヒットすると思います

商品と価格をチェックして問題なければ購入へと進みます

購入が完了したら以下のような画面が表示されると思いますので「ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ」のリンクをクリックします

すると「ダウンロードとコード」という画面が表示され、先ほど購入したOffice365soloが表示されていると思います。

次に購入したOffice365soloのプロダクトコードを登録する必要があります

「ダウンロードとコード」画面のOffice365solo商品欄の右横の「office.comへ」ボタンをクリックします

すると以下のような画面が表示されプロダクトコードの認証へと進みます

マイクロソフトアカウントでサインインして認証を進め、成功すると以下のような画面が表示されます
※PCからの認証に失敗したためここからはスマホ画面となっております

ここで次回からの定期請求を有効にするか無効にするかを選択できるので無効にしておきましょう

「次へ」をクリックするとOffice365soloの更新が完了します

最後に以下のリンクからマイクロソフトサイトで有効期限の日時がちゃんと更新されているか確認しておきましょう

https://account.microsoft.com/services/

以上が更新手順となります

これはうまくいった場合の更新手順ですが、amazonからマイクロソフトサイトでプロダクト認証を行う手順のところで認証がうまくいかないということが発生することがあります

今回の私がそれでした(^_^;)

一応いろいろと試したことがあったのでそれも載せておくことにしますね

Office365soloのプロダクトキー認証がうまくいかない場合

私の場合はamazonで購入完了後に「office.comへ」ボタンからマイクロソフトでの認証の段階で以下のようなエラーが発生してしまいました

「もし訳ございません。現在アカウントをセットアップできません」と表示されてしまいました

「サポートに問い合わせてください」とのことでしたので問い合わせページに行って見ました

チャットの待ち人数が17人待ちとのことで待ち時間がどのくらいになるかわからなかったのでチャットで待ちつつ自力解決を試みました

試したことは以下です

・マイクロソフトの認証に直接アクセスしプロダクトキーを入力
・ブラウザを変更して認証してみる
・Windowsとmacで認証してみる
・iPhoneで認証してみる

結論としてはiPhoneからの認証で成功しました( ^ω^ )

iPhoneでamazonの「Office.comへ」ボタンからの認証ですんなりと認証が通りました

ちょっと原因はよくわからなかったのですが、おそらくPCにはいっていたセキュリティソフトあたりが影響していたのかなと思っています

自力解決できたのでマイクロソフトのサポートチャットを切断しようと見てみるとまだ5人待ち状態でした

30分以上は自力解決にかかっていたと思うのでまぁまぁの待ち時間ですね・・・

まぁサポートに相談しても解決したかどうかっていう内容だったのでいいんですけどね・・・

というわけで、amazonからのリンクで認証が通らない場合は別のデバイスで認証を試してもいいのかなと思います

まとめ

この記事ではoffice365soloをamazonのオンラインコードで更新する方法を解説いたしました

お得な価格で更新をしたい場合は以下のことに注意してくださいね

・マイクロソフトの自動更新は無効にしておく
・オンラインコードはamazonで購入する
・PCでの認証に失敗したら他のデバイスで試す

毎年更新作業が面倒くさいという方は自動更新しておいてもいいと思います

しかし、少しでもお得に更新したい方はマイクロソフトからではなくamazonで購入して見てください

最後までお読みいただきありがとうございました

この記事が少しでもお役にたてれば幸いです

それでは( ^_^)/~~~