Books

【3カ月で99円】キンドルアンリミテッドがキャンペーン中なので登録してみた

みなさんはKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)というAmazonのサービスをご存知ですか?

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)はAmazonのプライム会員に登録済みのアカウントをもっている人は誰でも登録ができるサービスです。

サービス内容はAmazonのKindle本を読み放題になるというサービスです。
もちろん無料ではありませんし、Amazonで販売されているKindle本が全て読み放題というわけではありません。

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)で利用できるKindle本の書籍数は

書籍、コミック、雑誌を含む和書12万冊、洋書120万冊以上

ということになっています。洋書と比較すると和書が物足りない感じですが、和書も12万冊なので読むものが無くなるということはないと思います。

通常は月額980円の利用料金となっていますが、2019年7月16日までは3カ月分の会費が99円という破格のキャンペーンを実施中です。

私はこのキャンペーンでKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)に入会してみることにしました。

もし登録されている書籍の内容がよければ3カ月たった後も継続使用かなと思っていますが、こちらのキャンペーンでは解約は自由に行ってもよいとのことなのであまり役立つ本がなけらば解約しようと思っています。

では入会方法や条件などをみていきましょう。

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の入会方法や条件は?


Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)に入会するにはAmazonプライム会員である必要があります

Amazonプライム会員は月額4,900円のサービスです。
Amazonプライムは別にKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)のサービスだけが使えるというサービスではなくいろんなサービスを利用できます。

・Amazonの配送料金が無料になる(Amazonが発送する荷物のみ)
・Amazonプライムのお急ぎ便を無料で使用できる
・Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の入会が可能になる
・Amazon Prime Videoの閲覧が可能になる
・Amazon Prime Musicの音楽が聴き放題になる
・Amazon Prime Readingで無料で本を読める(登録数は数百程度)
※Kindle Unlimitedとは異なるサービスです
・Amazon Prime Radioが聞き放題
etc…

などなどいろいろお得なサービスが利用できるようになります。年間の登録料金が上がりつつあるのが心配な点ですがこれだけのサービスを利用できるのでかなりお得なサービスです。
私はAmazonでよく買い物をするので配送料が無料になるだけでも元がとれてる感じですね。

本題に戻して、Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の入会方法ですが、キャンペーンを適用するにはキャンペーンの広告バナーから公式ページにアクセスします。

私の場合はTwitterの広告からAmazonの公式サイトにアクセスして入会手続きを行いましたのでその手順を簡単にご紹介しておきますね。

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)のキャンペーン付き入会手順


Twitterの広告バナーから公式サイトへアクアセス


公式サイトの「Kindle Unlimitedを始める」ボタンから3カ月99円の権利を購入する形で入会
※クリックしたら即成約となるので注意!


「Kindle Unlimitedへようこそ」と表示されれば入会完了です。


あっけない入会だったので本当に入会できているのか確認しておきます。
メニューバーのアカウント&リスト > お客様のKindle Unlimited
から確認画面を表示できます。
ちゃんと3カ月分の購入が完了していますね。

これで入会は完了です。あっという間でしたね。
それでは次にKindle Unlimitedでどんな書籍が閲覧可能なのかをみていきたいと思います。

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の利用方法や閲覧可能なKindle本は?


Kindle Unlimitedmの簡単な利用方法の説明と閲覧することのできるKindle本はどんなものがあるのかを紹介しておきますね。

Kindle Unlimitedの利用方法


まずは書籍の一覧画面を表示します。
メニューのカテゴリー > 本・コミック・雑誌&Audible > Kindle Unlimited
で表示できます。


Kindle Unlimitdで閲覧可能な書籍アイテムの一覧が画面が表示できました。


読みたい書籍にマウスカーソルを合わせると詳細情報が表示されるので「今すぐ読む」をクリックして書籍の閲覧画面を表示します。


選んだ書籍の表紙が表示されれば読み込み完了です。
横の矢印をクリックしてページを進めていけば閲覧することができます。


Kindle本の一覧画面に戻る場合はマウスカーソルを上の方に持っていくとメニューが表示されるのでそこからライブラリを選択します。
すると自分のKindle本のライブラリが表示さえるのでメニューバーの「Kindleストア」をクリックして書籍一覧に戻ります

ブラウザの戻るボタンでも戻ることはできますが、私の場合だけかもしれませんが、戻るボタンで戻った時に書籍の読み込みミスが頻発したのでこちらの方法で戻るようにしています。

以上がKindle unlimitedでKindle本を閲覧する手順です。

Kindle Unlimitedでよむことので漫画・雑誌・ビジネス書など

Kindle unlimitedには12万冊ものKindle本が用意されていますが、どんな書籍があるのかちょっと私が興味を惹かれた本やジャンルについてご紹介します。

ジャンル:漫画



あまり新しいものや人気作品はありません
私の場合は以前読んだことがある懐かしい作品やKindle本のセールの時に読んでいたけどセールが終わって中断していた作品などがあったのでそういった観点から楽しんでこうかなという感じですね。
あと全く興味のない漫画がたくさんありますけど、読み放題なので時間をみつけて読んでいこうかなと思っています。
今の人気作品を読みたい方には全然満足できるラインナップではありませんのでご注意を。

ジャンル:雑誌



Kindle unlimitedに登録するまでは雑誌のジャンルはノーマークでしたが、もしかしたらこのジャンルが一番使えるのではないかなと思っています。
雑誌って読みたいとこがほんの一部ってことが多いので買ってまで読むのはなぁと思うことが多かったので、読み放題ならつまみ読みし放題ですからこれはちょっとKindle unlimitedに登録してよかったなと思いました。
雑誌にはあまり詳しくないのでどんな雑誌があるか探すだけでも面白いですね。

ジャンル:ビジネス書・実用書



Kindle unlimitedに登録したいなと思っていた一番の目的はビジネス書や実用書を読みたかったからです。
こちらも最新刊や人気の書籍はあまりラインナップに含まれていませんが、興味をそそられるものはちらほらあります。
今回探してみてて「マンガでわかるWebマーケティング」は以前から読みたいなと思っていた本だったのでアタリを発見できてラッキーでした。
その他にも詳しくなりたい内容などのタイトルがあるので積極的に読んでいきたいジャンルです。

ジャンル:ビジネス書・語学


語学のジャンルでは英語の語学書はけっこう豊富に転がっている印象を受けました。
いろんなシチュエーションを想定したユニークな語学書や単語集など使えそうなものがありそうだなという感じですね。
英語以外だと中国語のものをいくつか見かけましたが、あまりメジャーじゃない言語はラインナップにありませんでしたね。

僕はタイ語が学びたいのですが、これはもう見つかりませんでした。
まぁ、期待薄ですが今後のラインナップ追加に期待したいところです。
でも英語を学びたい初学者くらいの方なら役立つ本が見つかるかもしれませんね。

ジャンル:その他のジャンル




その他のジャンルでも面白そうな本や役に立ちそうな本はけっこうありそうな印象です。
お部屋のお片づけ系の本や、ダイエット系の本、園芸や音楽、ゲームなどの趣味系の本など探せば掘り出しものがあるかもしれません。
浅くてもいいのであるジャンルの知識がほしい場合などには活躍してくれそうな本がありそうなのでこのあたりもチェックしていきたいなと思います。

Kindle unlimitedのラインナップのほんの一部の紹介ではありますが、Kindle unlimitedのラインナップの雰囲気をなんとなくイメージすることができればと思います。

まとめ

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の入会方法や閲覧可能なキンドル本についてご紹介しましたがいかがでしたか?

kindle unlimitedに登録してみて良かった点やイマイチだった点をまとめてみるとこんな感じです

kindle unlimitedの良かった点
・気軽にどんなジャンルの本でも低コストで手が出せる
・ちょっと知りたいくらいの情報を低コストで得られる
・思いもよらない面白い本に低コストで出会える可能性がある

kindle unlimitedのイマイチだった点
・最新刊や人気作品がほとんどない
・戻るボタンで読み込みがバグる(自分だけ?)
・興味のない本がたくさんあり検索しにくい

といった感じでしょうか。
とりあえず3カ月間だけ試してみてその後使い続けるかどうかを判断しようと思っていますが、情報収拾のひとつのツールとしてうまく機能してくれればおそらく3カ月以降も継続していきたい感じになると思います。

今後はkindle unlimitedに登録されている書籍のラインナップがどのくらいの頻度で追加・更新されていくのかをチェックしていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
この記事が少しでもみなさんのお役に立てたら幸いです
それでは( ^_^)/~~~