About Thai

【野良犬に注意!】その日は突然やってきた!タイで野良犬に囲まれた日

もし海外旅行先で野良犬に襲われたらどうしますか?

日本では街なかで野良犬を見かけることがなくなりましたが、東南アジアの国々ではどこでも野良犬を見かけるなんて国も珍しくありません。

もし襲われて噛まれてしまった場合、旅行前に狂犬病の予防接種を打ってれば大丈夫なのでしょうか?

狂犬病の予防接種を受けていたらもし噛まれてしまっても病院に行かなくてもいいのでしょうか?

狂犬病は発症してしまうとほぼ100%死亡してしまうという恐ろしい病気です。

実際にタイに住んでいたころに野良犬に襲われた私が噛まれてしまった時に行った対処方法とその後の犬との付き合い方について紹介いたします。

東南アジアに旅行に行こうと思っている方はよかったら参考にしてみてください( ^ω^ )

タイって住民が野良犬を養っているの?


私は2年ほどタイに住んでいたことがあるのですが、バンコクといえど野良犬を見かけない日はないくらいどこにでも野良犬が歩いています。

セブンイレブンの自動ドアの前に野良犬が寝転んでいるのは普通の風景だったります。
多分涼しいのでそこで寝てるんだと思います(^_^;)

マーケットに行くと普通に犬がそこらへんをうろついているし、ちょっと狭い路地に入って住宅街みたいなところに迷い込むとそこら中に野良犬がいます。

タイ人は敬虔な仏教徒なので動物に施しを与えることで徳を積んだりします
当然、野良犬も施しの対象なので彼らは簡単にご飯にありつけてしまいます。

またタイでは動物の殺生もよしとはしない教えなので野良犬を殺処分するということにも積極的ではありません。それどころか、前国王の治世では国王が犬好きであったこともあり犬を虐めたりむやみに殺生することは禁じられていました。

野良犬にとっては天国のような国ですね(^_^;)

ちなみに私の住んでいた地方都市では住宅街にこんな野良オオトカゲが歩いてました。
推定1.5mくらいあったかな・・・一瞬ワニかと思って思考停止しました( ̄▽ ̄;)

あと野良ゾウではないですが、屋外のバーとかでのんでると子ゾウがやって来ます🐘
サトウキビを20バーツで買って食べさせてあげると「パオーンッ!」って言ってくれます
かわええ・・・でもちょっと臭いぜ。

タイの野良犬は夜中から早朝は危ない


タイの街を昼間に歩き回った時に野良犬を見かけたことはよくあるけど、大人しくて全然危なくなかったよといった印象をもっている方もいらっしゃると思います。

私もバンコクで昼間に遭遇した犬に吠えかかられたことは数回ほどしかありません。
野良犬たちは昼間はけっこうダラダラと過ごして、人が多い時間帯はけっこうのんびりおとなしく過ごしています。

ただ日が落ちてからしばらくして人が少なくなってきた頃からやつらは本領発揮します。

私が住んでいたのはバンコクから少し離れた地方都市だったのですが、夜9時すぎたあたりから家の前の通りを歩くことすら危険を感じるくらい野良犬が活発になっていました。

会社まで自転車で20分くらいだったので運動がてら自転車通勤していた時はそれはもうよく追っかけられました笑

毎日4〜5箇所くらいで5、6匹の犬に追っかけ回されます・・・
犬が出てくるポイントはだいたいわかっているのでそこに差し掛かると加速して犬がいないエリアはゆっくり自転車を漕ぐみたいなサバイバルな通勤をしていました笑

なぜか自転車だと親の仇のように追っかけられます・・・
夜の帰宅時などは10メートル先くらいで犬が待ち構えてたりするので、すんごい加速してかわしたりしてました。

そんな野良犬も昼間はゴロゴロして大人しくしてるんですよね。
地方都市の野良犬たちは基本的に飢えていたので餌付けは簡単でしたけど、数が多いので野良犬みんなに餌付けするわけにもいかず困っていました。

その日は突然やってきた・・・タイで野良犬に囲まれた日


いつもそんな感じの犬事情だったので私もちょっと慣れてきて油断していたのかもしれませんが、あの悪夢の瞬間が突然訪れました。

その日は夜勤明けでタクシーで家の近くのコンビニまで乗せてもらい、朝ごはんを買って徒歩で家まで歩いていた時のことです。
車の下から1匹の犬がえらい剣幕で吠えかかってきました。

1匹だったので持ってた袋で追い払いながら家に向かって歩いていたら、野良犬の仲間がどんどん集まってきて5〜6匹に囲まれてしまいました。

「ヤバいっ!」

そこはちょっと素行の悪い野良犬たちの溜まり場になっている駐車場で、夜中と早朝は入ってはいけないエリアだったのを忘れていました・・・

背後とられたら噛まれると思って壁際に行こうと思った瞬間、ふくらはぎに激痛が走りました:(;゙゚’ω゚’):

死角に入っていた野良犬に噛まれてしましました・・・

これはヤバいと思い、早く彼らのテリトリーから出ないと殺されると思って、本当は犬から逃げる時に走ってはいけないのですが、目の前が当時住んでいたアパートメントだったので全力で走ってなんとかテリトリーから出ることができ、野良犬たちの追撃が終わりました。

夜勤明けで頭がぼーっとしていたので入ってはいけない場所に入ってしまった自分が悪いのですが、あんなことになってしまうとは・・・・

「俺が何してん・・・」

と弱々しく呟きながら部屋までとぼとぼとあるい帰りました( ; _ ; )

野良犬に噛まれたらとにかく病院へ!


部屋に帰って足を見てみるとものすごく出血していました。
なんとなく歯型の形にポツポツと穴が空いているのを想像していたんですが、そんなに甘くなかったですね・・・

噛まれた時に首を振られたみたいでざっくり足がえぐれていました( ;∀;)

「これはちょっと狂犬病も怖いし病院にいかなあかんわ・・・」

ということで渡航前に狂犬病の予防接種は済ましていたんですが、万が一発症すれば死亡という恐ろしい病気なので「まぁ大丈夫やろ」とはさすがに思えなかったので、病院に直行しました。

拙いタイ語で犬に噛まれたことを伝えたら治療をしてもらえることになりました

とにかくキズがひどかったので縫ってもらうことになり、そのあと狂犬病のワクチンを打ちました。

清算を済ませて帰る時に、あと4回ワクチン接種に来てねみたいなことを言われてワクチンのスタンプカードをもらいました。スタンプカードには牙をむいた犬の絵が描かれていました・・・

「コレ、今一番見たくないやつやん・・・・」

デリカシーのかけらもないスタンプカードをもらってズキズキ疼く足を引きずってアパートメントに帰りました。

余談ですが、アパートメントには住人に可愛がられている犬が2匹住み着いています。
いつも守衛さんの横でのんびりしてる可愛い奴らで僕も可愛がっていて毎日おやつをあげていましたが、さすがにその日はタクシーでスルーして行きました笑

まとめ

ネットなどでいろいろ調べてみるとタイで野良犬に襲われた人の話はけっこうあるようですね。

ジョギング中に追いかけられて噛まれた方の話や、観光地のアユタヤで野良犬に囲まれそうになった方の話などがあった記憶があります。

もしタイで野良犬に襲われてしまったら、狂犬病の予防接種をしていても必ず病院で診てもらうようにした方が良いです。実際私も予防接種をしている旨を病院に伝えましたがワクチンの接種を行いました。

襲われてしまってからでは回避するのが難しいのですが、護身用に強い光の出るレーザー照射機を持っておくのが有効という話は聞いたことがあります。強い光にびっくりして逃げていくから効果的だよと言ってる人がいました。
ちなみにレーザー照射機は現地の露店でも売ってたりするので現地調達可能です( ^ω^ )

エアガンも露店で簡単に手に入るのでエアガンで応戦という手もありますが、タイは基本的に銃の所持を認められている社会なので余計なトラブルに巻き込まれないためエアガンの所持しない方がよいかなと思います。

あとはツアーなどで観光地を見て回っているときに単独で行動しない方がいいかもしれません。こちらがたくさんいると野良犬の方も寄ってきません。

私のようにふらっと野良犬のテリトリーに入ってしまうと臨戦態勢になってしまいがちなので周りの様子を注意しながら行動した方がよいと思います。特に野良犬たちが活発になり始める時間帯や人が少なくなる時間帯は危険度が上がるので注意してください。

餌付けという手もなくはないですが、野良犬が旅行者に近寄ってくる習慣を与えてしまいかねないので野良犬にむやみに餌をあげるのも控えた方がいいかもしれないですね。

それでは最後に野良犬に襲われないようにする方法、襲われてしまった時の対処法をまとめておきます

・噛まれたら即病院でワクチンを接種
・野良犬の活発な時間帯に単独行動しない
・観光地などでの単独行動をしない
・野良犬のテリトリーには近づかない
・襲われてしまったら対策グッズで応戦

東南アジアに旅行される際は野良犬に十分注意してくださいね。
あと狂犬病は犬以外の哺乳類全般が保菌している可能性があるので、猫やリス、コウモリなどの噛まれてしまった時も病院で診てもらう方がよいとのことですので十分に注意してくださいね( ^ω^ )

最後までお読みいただきありがとうございます
この記事が少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです
それでは( ^_^)/~~~